カテゴリー
未分類

独立メディア塾がもたらすムーブメント

これまで独立メディア塾というサイトには二度寄稿する機会に恵まれました。

作家 佐藤泰志の光と影が示すもの
http://previous.mediajuku.com/?p=2344

現代によみがえるボリス・ヴィアンのシャンソン「脱走兵」
http://previous.mediajuku.com/?p=3252

本日、2016年1月21日に独立メディア塾のパーティーが開催された。
執筆したもの同士がリアルに語り合える貴重な場である。

思いがけず、オープントークに執筆したボリス・ヴィアンの原稿でオープントーク部門の優秀賞を受賞するという幸運に恵まれた。

既得権益の仲良しこよしのネットワーク以外は「敵」とみなすのではなく、あくまでも市民の評価を主軸にし、作品の評価システム、映画化になった際の資金調達の方法なども絶望的に思えたものが「クラウドファンディング」なども浸透してきた。

どんな作品でも猛烈に情熱があり、その情熱を集積することができれば大きなムーブメントを生み出す可能性もある。

型破りな作品が発表され、日本中の「読み手」たちにこの上ない、スリリングな体験を提供できれば継続的な注目を獲得することも可能なはずだ。

そうしたムーブメントの先に見えてくる人間の創造的な活動に想いをはせる。

2016.1.22.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。